本位田 真一

国立情報学研究所 副所長
GRACE(先端ソフトウェア工学・国際研究)センター長
東京大学 大学院 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻/創造情報学専攻 教授
英国UCL(University College London) Visiting Professor
早稲田大学客員教授

Contact

〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センタービル 1708
Phone: (03) 4212 2513 / Fax: (03) 3556 1916
honiden [at] nii.ac.jp

Research

(1)エージェント
エージェント技術を次世代ネットワークコンピューティングのソフトウェア技術として位置づけ,大きく次の3分野の研究を行っている.知的モバイルエージェントPlangent,マルチエージェントフレームワークBee-gentなどのエージェントアーキテクチャ,そしてエージェントをモデリングの単位としたソフトウェア開発方法論,エージェント間インターラクション記述言語などのエージェント・ソフトウェア工学,さらにエージェントによるコンテンツ流通(スマーティブ), フェロモンによる渋滞予測などのエージェントを用いた斬新なアプリケーションである.

(2)ユビキタスコンピューティング
次世代のユビキタス環境における無線センサーネットワークを対象として,コンテキストウェアアプリケーションのフレームワーク,ミドルウェア,不正検出技術など様々なソフトウェア技術を研究している.

(3)ソフトウェア工学
「トップエスイー:サイエンスによる知的ものづくり」を標榜し,ソフトウェア科学をベースとした高信頼・高安全・高柔軟なソフトウェアの構築手法,構成法など、最先端のソフトウェア工学の研究を行っている.

Keywords

エージェント/ユビキタスコンピューティング/ソフトウェア工学

Education and Short Biography

1978年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了.
(株)東芝を経て2000年より国立情報学研究所教授,
2004年より同研究所アーキテクチャ科学研究系研究主幹を併任,現在に至る.
2001年より東京大学大学院情報理工学系研究科教授を兼任,現在に至る.
2005年度パリ第6大学招聘教授.
早稲田大学客員教授ならびに英国UCL(University College London)客員教授、現在に至る.

工学博士(早稲田大学).
1986年度情報処理学会論文賞受賞.
DICOMO2007最優秀論文賞.
日本ソフトウェア科学会理事、情報処理学会理事(教育担当)を歴任.
情報処理学会フェロー.
IEEE Computer Society Japan Chapter Chair, ACM日本支部会計幹事, 日本学術会議連携会員.

Publications

  1. 2009年10月 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.7, 掲載予定「ゴール指向要求分析を用いたself-adaptiveシステムの構築」中川 博之,大須賀 昭彦,本位田 真一
  2. 2009年4月 電子情報通信学会論文誌, Vol.92-B, No.4, pp.689-699「多数のノード取得攻撃に対応した無線センサーネットワークにおける複製ノードの分散検知 」清 雄一,本位田 真一
  3. 2009年4月 電子情報通信学会論文誌, Vol.92-B, No.4, pp.678-688「多数のノード取得攻撃に対応した無線センサーネットワークにおける不正イベントの検知 」清 雄一,本位田 真一
  4. 2009年4月 電子情報通信学会論文誌, Vol.92-B, No.4, pp.678-688「マルチエージェントシステムにおけるメタデータを用いた協調プロトコル合成手法 」高橋 竜一,鄭 顕志,石川 冬樹,本位田 真一,深澤 良彰
  5. 2009年2月 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.2, pp. 787-797「無線センサーネットワークにおける不正メッセージ作成元ノードの検知」清雄一,本位田真一
  6. 2009年2月 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.2, pp. 721-736「分散配列: 効率的な論理配列を実現するP2Pデータ構造」福地大輔,Christian Sommer,清雄一,本位田真一
  7. 2009年1月 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.1, pp. 14-30「無線センサーネットワークにおける複数プログラムの動的配備 」末永俊一郎,吉岡信和,本位田真一
  8. 2009年1月 The Journal of The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, Vol. E92-B, No.01, pp. 9-16「Invited Paper: "On Applicability of Formal Methods and Tools to Dependable Services」Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
  9. 2008年10月 日本ソフトウェア科学会, Vol. 25, No. 4, pp. 133-144「ユビキタスコンピューティングにおける分散協調・連携技術の研究動向 」石川 冬樹 , 阿部 玲, 高橋 竜一, 吉岡 信和, 深澤 良彰, 本位田 真一
  10. 2008年10月 日本ソフトウェア科学会, Vol. 25, No. 4, pp. 121-132「ユビキタスコンピューティングにおけるアプリケーション開発手法に関する研究動向」鄭 顕志,中川 博之,川俣 洋次郎,吉岡 信和,深澤 良彰,本位田 真一
  11. 2008年10月 日本ソフトウェア科学会, Vol. 25, No. 4, pp. 11-19「適応エージェントのためのユビキタスコンピューティングミドルウェア」鄭 顕志,石川 冬樹,吉岡 信和,深澤 良彰,本位田 真一
  12. 2008年7月 情報処理学会論文誌, Vol.49, No.7, pp. 2304-2318「モデル変換に基づく要求記述を利用した形式仕様の構築 」中川 博之,田口 研治,本位田 真一
  13. 2008年7月 International Journal of Agent-Oriented Software Engineering, Vol. 2, No.3 pp. 267-289「An Architecture for Exception Management in Multu-Agent Systems 」Eric Platon, Nicolas Sabouret, Shinichi Honiden
  14. 2008年6月 情報処理学会論文誌, Vol.49, No.6, pp. 1872-1884「効率の良いネットワーク内処理のためのノード選択指標の提案 」鄭 顕志,深澤 良彰,本位田 真一
  15. 2008年2月 情報処理学会論文誌, Vol.49, No.2, pp. 628-638「無線センサーネットワークにおけるFalse Eventの検知」清雄一, 本位田真一
  16. 2007年12月 Special Issue of International Journal of Agent-Oriented Software Engineering (IJAOSE) on Programming Multi-Agent Systems, vol.1, No.3, pp. 266-294「IOM/T: Interaction Oriented Model by Textual Notation」Takuo DOI, Shinichi HONIDEN
  17. 2007年9月 IEICE TRANSACTIONS, Vol. E90-D, No.9, pp.1363-1373「Improving Accuracy of Recommender System by Item Clustering」KhanhQuan Truong, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
  18. 2007年9月 電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D, No.9, pp.2349-2364「Event Calculusに基づく合意を用いたモバイルエージェントの協調」石川冬樹, 吉岡信和,本位田真一
  19. 2007年9月 電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D, No.9, pp.2281-2292「要求の重要度を用いたマルチエージェントシステムの分析モデル検証」中川博之, 吉岡信和, 本位田真一
  20. 2007年9月 電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D, No.9, pp.2378-2387「Variable-size DBFによる分散ハッシュテーブルのトラフィック量削減」清雄一,松崎和賢,本位田真一
  21. 2007年9月 電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D, No.9, pp.2365-2377「知的移動エージェントによる低消費電力なワイヤレスセンサネットワークアプリケーションの構築」長健太、大須賀昭彦、本位田真一
  22. 2007年8月 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.8, pp. 2551-2565「IMPULSE: KAOSを利用したマルチエージェントシステムの分析モデル構築」中川博之, 吉岡信和, 本位田真一
  23. 2007年7月 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.7, pp. 2267-2277「Ringed Bloom Filterによる分散ハッシュテーブルのトラフィック量削減」清雄一,松崎和賢,本位田真一
  24. 2007年4月 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.4, pp. 1785-1798「プロセス記述によるサービス合成のパーベイシブコンピューティングへの適用」石川 冬樹,吉岡 信和,本位田 真一
  25. 2007年3月 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.3, pp.1417-1430「ゴール指向要求工学方法論の共通用語モデルと共通パターン」田原康之、長野伸一、吉岡信和、本位田真一
  26. 2007年2月 Autonomous Agents and Multi-Agent Systems, Vol. 14, No. 1, pp. 31-47「Mechanisms for environments in multi-agent systems: Survey and opportunities」Eric Platon, Marco Mamei, Nicolas Sabouret, Shinichi Honiden, H. Van Dyke Parunak
  27. 2006年12月 電子情報通信学会論文誌, Vol.J89-D, No.12,pp.2625-2636「MANET における省資源性を考慮した位置依存情報収集手法」鄭顕志,深澤良彰,本位田真一
  28. 2006年12月 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.12, 3165-3178「ユビキタス環境における動的なプロセス配備のためのプログラミング支援フレームワーク」松崎 和賢、本位田 真一
  29. 2006年12月 情報処理学会論文誌Vol.47, No.12,pp.3165-3178「知的移動エージェントによるマルチパーパスワイヤレスセンサネットワークアプリケーション」長 健太、大須賀 昭彦、本位田 真一
  30. 2006年5月 情報処理学会論文誌,Vol.47, No.5,pp. 1371-1381「契約による設計を用いたインタラクションの実装」土肥 拓生、本位田 真一
  31. 2006年5月 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.5,pp. 1382-1392「Folksonomyマイニングに基づくWebページ推薦システム」丹羽智史,土肥拓生,本位田真一
  32. 2006年5月 情報処理学会論文誌,Vol.47, No.5,pp.1354-1362「分散ハッシュテーブルにおけるAND検索時のトラフィック量削減」清雄一,松崎和賢,本位田真一
  33. 2006年4月 In Autonomous Agents and Multi-Agent Systems. Springer, New-York「Mechanisms of the Environment in Multi-Agent Systems: Survey and Opportunities」Eric Platon, Marco Mamei, Nicolas Sabouret, Shinichi Honiden, and H. Van Dyke Parunak
  34. 2006年4月 Journal of Artificial Societies and Social Simulations. Vol. 9, No. 4「Agent-based Participatory Simulations: Merging Multi-Agent Systems and Role-Playing Games」Paul Guyot and Shinichi Honiden
  35. 2006年2月 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.2, pp.596-608「ゴール指向要求工学の体系化のための共通用語」田原 康之、長野 伸一、吉岡 信和、本位田 真一
  36. 2006年1月 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.1, pp.193-208「ソフトウェア設計に対するモデル駆動型検証プロセス」長野 伸一,吉岡 信和,田原 康之,本位田 真一
  37. 2005年12月 情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 12, pp.2925-2939「Location Scope:ロケーションアウェアソフトウェア開発支援手法の提案」松崎和賢,吉岡信和,本位田真一
  38. 2005年9月 International Journal of Business Process Integration and Management (IJBPIM), Vol.1, No. 3,「Formal Model of Mobile BPEL4WS Process」Fuyuki Ishikawa, Yasuyuki Tahara, Nobukazu Yoshioka, and Shinichi Honiden
  39. 2005年9月 電子情報通信学会論文誌, Vol.J88-D-I, No.9, pp.1299-1311「インタラクション記述言語IOM/T」土肥 拓生,吉岡 信和,田原 康之,本位田 真一
  40. 2005年9月 電子情報通信学会論文誌, Vol.J88-D1, No.9, pp. 1287-1298「フェロモンモデル: 交通渋滞予測への適用」安藤靖志、深澤良彰、増谷修、佐々木宏、岩崎弘利、本位田真一
  41. 2005年9月 電子情報通信学会論文誌, Vol.J88-D1, No.9, pp.1388-1401「モバイルエージェントによるバッテリ切れ避難システム : EASTER」粂野文洋、金子平祐、吉岡信和、深澤良彰、本位田真一
  42. 2005年9月 電子情報通信学会論文誌Vol. J88-D-I, No.9, pp. 1402-1417「階層構造制御に注目したモバイルエージェントフレームワークとそのマルチメディア応用」石川 冬樹,吉岡 信和,田原 康之,本位田真一
  43. 2005年9月 International Journal of Pervasive Computing and Communications, Vol.1, No.3 pp. 227-245「Framework for Synthesis of Web services and Mobile Agents」Fuyuki Ishikawa, Yasuyuki Tahara, Nobukazu Yoshioka, and Shinichi Honiden
  44. 2005年8月 電気学会論文誌,Vol. 125-C,No. 8, pp. 1296-1304「ユビキタスアプリケーション向け移動エージェントの相互運用」長谷川哲夫、長健太、大須賀昭彦、粂野文洋、中島震、本位田真一
  45. 2001年5月 The fifth international conference on Autonomous agents 「Mobile Agent Security with the IPEditor, Development Tool and the Mobile UNITY Language」Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga, and Shinichi Honiden
  46. 1999年5月 The 21st International Conference on Software Engineering,「Agent System Development Method based on Agent Patterns」Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga, and Shinichi Honiden
  47. 1997年12月 IEEE Concurrency, Vol. 5, No. 3, pp.44-54「Hypersequential Programming-A New Paradigm for Concurrent Program Development -」Naoshi Uchihira, Shinichi Honiden, Toshibimi Seki
  48. 1997年7月 IEEE Internet Computing, Vol. 1., No. 4, pp.50-57「Plangent: An Approach to Making Mobile Agents Intelligent」Akihiko Ohsuga, Y. Nagai, Y. Irie, M. Hattori, Shinichi Honiden
  49. 1997年3月 IEEE Trans. on Software Engineering, Vol. 23, No. 5, pp. 296-313「EVA: A Flexible Programming Method for Evolving Systems」Saeko Matsuura, Hironobu Kuruma, Shinichi Honiden
  50. 1996年3月 Information and Software Technology, Vol. 38, No. 3, pp. 181-189 「MENDELS ZONE: A Parallel Program Development System based on Formal Specifications」Shinichi Honiden, Akihiko Ohsuga, Naoshi Uchihira
  51. 1996年11月 Journal of Systems and Software, Vol. 33, No. 3, pp.207-221「Compositional Adjustment of Concurrent Programs to Satisfy Temporal Logic Constraints in MENDELS ZONE」Naoshi Uchihira and Shinichi Honiden
  52. 1995年3月 International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering, Vol. 5, No. 3, pp.367-389, World Scientific「COOAD: A Case Tool for Object-Oriented Analysis and Design」Junichi Yamamoto, Akihiko Ohsuga, Shinichi Honiden
  53. 1995年9月 IEEE Software, Vol. 12, No.3, pp.65-74「Adapting Object-Communication Methods Dynamically」Yoshinori Kishimoto, Nnobuto Kotaka, Shinichi Honiden
  54. 1994年11月 IEEE Trans. on Software Engineering, Vol. 20, No. 11, pp.849-867「An Application of Artificial Intelligence to Object-Oriented Performance Design for Real-Time Systems」Shinichi Honiden, Kazuhiko Nishimura, Naoshi Uchihira, Kiyoshi Itoh
  55. 1993年1月 IEEE Software, Vol. 10, No.1, pp.54-66「Formalizing Specification Modeling in OOA」Shinichi Honiden, Nobuto Kotaka, Yoshinori Kishimoto
  56. 1992年3月 International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering, Vol. 2, No. 1, World Scientific, pp. 5-30「TransObj: Software Prototyping Environment for Real-Time Transaction-Based Software System Applications」Kiyoshi Itoh, Y. Tamura, Shinichi Honiden

Links