潮風フレームワーク
研究開発に特化したコンピューターグラフィックスのための流体ソルバ
 全て クラス 名前空間 ファイル 関数 変数 型定義 列挙型 列挙値 マクロ定義 ページ
WENO クラス

WENO 補間を実装するクラス。 [詳解]

#include <WENO.h>

静的公開メンバ関数

static double interp6 (double x, const double v[6], const double eps=std::numeric_limits< double >::epsilon())
 6次精度 WENO スキームを用いて補間を行う。 [詳解]
 
static double interp4 (double x, const double v[4], const double eps=std::numeric_limits< double >::epsilon())
 4次精度 WENO スキームを用いて補間を行う。 [詳解]
 

詳解

WENO 補間を実装するクラス。

関数詳解

static double WENO::interp4 ( double  x,
const double  v[4],
const double  eps = std::numeric_limits<double>::epsilon() 
)
inlinestatic

4次精度 WENO スキームを用いて補間を行う。

引数
[in]x0 から 1 までの位置.
[in]v-1, 0, 1, 2 の位置での値。
[in]epsゼロ割を防ぐための小さな値。
static double WENO::interp6 ( double  x,
const double  v[6],
const double  eps = std::numeric_limits<double>::epsilon() 
)
inlinestatic

6次精度 WENO スキームを用いて補間を行う。

引数
[in]x0 から 1 までの位置.
[in]v-2, -1, 0, 1, 2, 3 の位置での値。
[in]epsゼロ割を防ぐための小さな値。

このクラス詳解は次のファイルから抽出されました: