English | Japanese

お知らせ

  • 井上研究室では,総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻博士後期課程および5年一貫制博士課程に進学する大学院生を募集しています.人工知能関連分野で世界レベルの研究者を目指している方を歓迎します.詳しくは,井上教授までご連絡ください.
  • 2016年度より,東京工業大学 情報理工学院 情報工学系にて大学院生・学部生の研究指導を行っています.本研究室では研究者を目指す学生を受け入れており,国立情報学研究所及び東工大の両研究地点にて研究指導を行います.東工大で井上研への配属を希望する学生,及び他大学からの進学で東工大・井上研を希望される方は必ず事前に井上教授に相談してください.


イベント・ニュース (2018)

2018.11.22 La journée Atlanstic2020 (École Centrale de Nantes, Nantes, France).
2018.11.01 総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 説明会 (2018年度第2回).
2018.10.18-19 第6回CSPSAT3研究会 (神戸大).
2018.09.20 2018年度NII国際インターンシッププログラム 第2次募集 (研究項目番号: 09-12).
2018.09.15 神戸大学との共同研究成果論文 "SAT技術を用いたペトリネットのデッドロック検出手法の提案"(寸田智也,宋剛秀,番原睦則,田村直之,井上克巳)が情報処理学会論文誌ジャーナル 特選論文 に選出されました.
2018.09.03 Tenda Okimoto, Nicolas Schwind, Emir Demirović, Katsumi Inoue, Pierre Marquis による論文 "Robust Coalition Structure Generation" が PRIMA 2018 (2018.10.31-11.02, Tokyo, Japan) に採択されました.
2018.08.13 人工知能分野の国際会議 MIWAI 2018 (2018.11.18-20, Hanoi, Vietnam) に2論文が採択されました:
  • Hien Nguyen, Chiaki Sakama, Taisuke Sato, Katsumi Inoue, "Computing Logic Programming Semantics in Linear Algebra" (full paper)
  • Guillaume Lorthioir, Gauvain Bourgne, Katsumi Inoue, "Identifying Goals of Agents by Learning from Observations" (full paper)
  • 2018.08.07 Jacopo Panerati, Nicolas Schwind, Stefan Zeltner, Katsumi Inoue, Giovanni Beltrame による論文 "Assessing the resilience of stochastic dynamic systems under partial observability"PLoS ONE にアクセプトされました.
    2018.08.01 Yin Jun Phua, Tony Ribeiro, Katsumi Inoue による論文 "Learning Representation of Relational Dynamics with Delays and Refining with Prior Knowledge" が NeSy'18 (2018.08.23-24, Plague, Czech Republic) にフルペーパーとして採択されました.
    2018.07.26 井上研 Summer Party を銀座・SONAR社で開催.
    2018.07.06
    2018.07.20
    帰納論理プログラミングに関する第28回国際会議 ILP 2018 (2018.09.02-04, Ferrara, Italy) に3論文が採択されました:
  • Tony Ribeiro, Maxime Folschette, Morgan Magnin, Olivier Roux, Katsumi Inoue, "Learning Dynamics with Synchronous, Asynchronous and General Semantics" (long paper)
  • Xinwei Chai, Tony Ribeiro, Morgan Magnin, Olivier Roux, Katsumi Inoue, "Using Reachability Properties of Logic Program for Revising Biological Models" (work-in-progress paper)
  • Tobias Kaminski, Thomas Eiter, Katsumi Inoue, "Efficiently Encoding Meta-Interpretive Learning by Answer Set Programming" (work-in-progress paper)
  • 2018.07.16 Tobias Kaminski 氏および Thomas Eiter 教授(ウィーン工科大学)との共同研究成果論文 "Exploiting Answer Set Programming with External Sources for Meta-Interpretive Learning" が ICLP 2018 で最優秀論文賞を受賞しました.
    2018.07.13 井上克巳教授がインペリアル・カレッジ・ロンドンを訪問し, "Partial Evaluation of Logic Programs in Vector Spaces" について講演しました.本研究内容は,坂間千秋教授らとの共同研究として ASPOCP 2018 で発表されるものです.
    2018.07.12 Nicolas Schwind, Tenda Okimoto, Katsumi Inoue, Katsutoshi Hirayama, Jean-Marie Lagniez, Pierre Marquis による論文 "Probabilistic Coalition Structure Generation" が KR 2018 (2018.10.30-11.02, Tempe, AZ, USA) に extended abstract として採択されました.
    2018.07.08-28 2018年度さくらサイエンスプランをNIIにて実施.
    2018.06.22-23 NIIオープンハウス2018.
    2018.06.14-16 科研費プロジェクト「状態遷移列からの関係ダイナミクス学習」第3回研究会.
    2018.06.12 Pierre Marquis教授,Sébastien Konieczny教授,Jean-Marie Lagniez准教授(CRIL)による知識表現・推論に関する特別講演会.
    2018.06.05-08 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回) (鹿児島).
    井上研から2件発表.
    2018.04.17 Taisuke Sato, Katsumi Inoue, Chiaki Sakama による論文 "Abducing Relations in Continuous Spaces" が人工知能トップ国際会議 (CORE A*) である IJCAI-18 (2018.07.13-19, Stockholm, Sweden) に採択されました.
    2018.04.15 論理プログラミングに関するトップ国際会議 (CORE A) である ICLP 2018 (2018.07.14-17, Oxford, UK) に2論文が採択されました:
  • Tobias Kaminski, Thomas Eiter, Katsumi Inoue, "Exploiting Answer Set Programming with External Sources for Meta-Interpretive Learning" (full paper for TPLP)
  • Benjamin Wu, Alessandra Russo, Mark Law, Katsumi Inoue, "Learning Commonsense Knowledge through Interactive Dialogue" (Technical Communication)
  • 2018.04.12 2018年度NII国際インターンシッププログラム 第1次募集 (研究項目番号: 04-07).
    2018.03.29-30 第5回CSPSAT3研究会 (神戸大).
    2018.03.28 花見 & 歓送迎会 (千鳥が淵/半蔵門).
    2018.03.23-24 第11回CSPASP研究会 (神戸大).
    2018.03.22 総研大情報学専攻第2回 Home Coming Day (NII).
    2018.03.04-06 科研費プロジェクト「状態遷移列からの関係ダイナミクス学習」第2回研究会 (NII共同研究ミーティングとの共催) (金沢).
    2018.02.13 H29年度卒論発表会 (東工大).
    2018.02.01-02 H29年度修士論文発表会 (東工大).
    2018.01.25 エージェントに関するトップ国際会議 (CORE A*) であるAAMAS 2018 (2018.07.11-13, Stockholm, Sweden) に2論文が採択されました:
  • Emir Demirović, Nicolas Schwind, Tenda Okimoto, Katsumi Inoue, "Recoverable Team Formation: Building Teams Resilient to Change" (full paper)
  • Maxime Clement, Tenda Okimoto, Katsumi Inoue, Multi-Objective Distributed Pseudo-Tree Optimization" (extended abstract)
  • 2018.01.03 Mutsunori Banbara, Katsumi Inoue, Benjamin Kaufmann, Tenda Okimoto, Torsten Schaub, Takehide Soh, Naoyuki Tamura, Philipp Wanko による論文 "teaspoon: Solving the Curriculum-Based Course Timetabling Problems with Answer Set Programming"Annals of Operations Research にアクセプトされました.

    2019   |2017