インフォデミックを克服するソーシャル情報基盤技術 CREST研究領域:信頼されるAIシステムを支える基盤技術

研究業績

査読有り学術論文誌 | 査読有り会議論文 | プレプリント | 書籍・著書・解説記事 | 招待講演 | 口頭発表,ポスター・デモ | メディア(Press release/ News release) | メディア(インターネット記事) | メディア(放送) | メディア(新聞記事) | メディア(その他) | 特許 | 受賞 | その他

査読有り学術論文誌

  1. Jialiang Shi, Piyush Ghasiya and Kazutoshi Sasahara, "Psycho-linguistic Differences among Competing Vaccination Communities on Social Media", APSIPA Transactions on Signal and Information Processing: Vol.11, No.1, e15, June 2022, Link
  2. Wentao Xu and Kazutoshi Sasahara, "A Network-Based Approach to QAnon User Dynamics and Topic Diversity During the COVID-19 Infodemic", APSIPA Transactions on Signal and Information Processing, Vol.11, No.1, e17, June 2022, Link
  3. Hiroki Ito, AprilPyone MaungMaung, Sayaka Shiota, and Hitoshi Kiya, "Access Control of Semantic Segmentation Models Using Encrypted Feature Maps", APSIPA TSIP, accepted, 2022, Preprint
  4. AprilPyone MaungMaung, Hitoshi Kiya, "Privacy-Preserving Image Classification Using Isotropic Network", IEEE MultiMedia, accepted, April 2022, Preprint
  5. Huy H. Nguyen, Sébastien Marcel, Junichi Yamagishi. Isao Echizen, "Master Face Attacks on Face Recognition Systems", IEEE TBIOM, accepted, April 2022, Link
  6. Asad Malik, Minoru Kuribayashi, Sani M. Abdullahi, Ahmad Neyaz Khan, "DeepFake Detection for Human Face Images and Videos: A Survey", IEEE Access, vol.10, pp.18757-18775, 2022, Link
  7. Hitoshi Kiya, AprilPyone MaungMaung, Yuma Kinoshita, Imaizumi Shoko, Sayaka Shiota, "An Overview of Compressible and Learnable Image Transformation with Secret Key and Its Applications", APSIPA Transactions, accepted, 2022, Preprint
  8. Huy H. Nguyen, Minoru Kuribayashi, Junichi Yamagishi, Isao Echizen, "Effects of Image Processing Operations on Adversarial Noise and Their Application to Detecting and Correcting Adversarial Images," IEICE Trans. Inf. Syst., vol.E105-D, no.1, 2022.
  9. Trung-Nghia Le, Yubo Cao, Tan-Cong Nguyen, Minh-Quan Le, Khanh-Duy Nguyen, Thanh-Toan Do, Minh-Triet Tran, Tam V. Nguyen, "Camouflaged Instance Segmentation In-The-Wild: Dataset, Method, and Benchmark Suite", IEEE Transactions on Image Processing (T-IP), accepted, 2021, Preprint
  10. Xu Wentao and Kazutoshi Sasahara, "Characterizing the roles of bots on Twitter during the COVID-19 infodemic", Journal of Computational Social Science, accepted, 2021, Preprint, Link
  11. Sisheng Chen, Ching-Chun Chang, and Isao Echizen, "Steganographic Secret Sharing with GAN-Based Face Synthesis and Morphing for Trustworthy Authentication in IoT," IEEE Access, accepted, 2021, Link
  12. Thach V. Bui, Mahdi Cheraghchi, and Isao Echizen, "Improved non-adaptive algorithms for threshold group testing with a gap", IEEE Transactions on Information Theory, accepted, 2021, Link
  13. April Pyone MAUNG MAUNG, Hitoshi KIYA, "A protection method of trained CNN model with a secret key from unauthorized access", APSIPA Transactions on Signal and Information Processing, Vol.10, July 2021, Link
  14. Akiko Matsuo, Baofa Du and Kazutoshi Sasahara, "Appraisals of Fairness moral foundation predicts the language use involving moral issues on Twitter among Japanese", Frontiers in Psychology, accepted, 2021
  15. April Pyone MAUNG MAUNG, Hitoshi KIYA, "Block-wise Image Transformation with Secret Key for Adversarially Robust Defense" IEEE Trans. on Information Forensics and Security, in press, March 2021, Link
  16. Mahdi Khosravy, Kazuaki Nakamura, Yuki Hirose, Naoko Nitta, Noboru Babaguchi, "Model Inversion Attack: Analysis under Gray-box Scenario on Deep Learning based Face Recognition System", KSII Transactions on Internet and Information Systems, Vol.15, No.3, pp.1100-1118, March 2021, Link
  17. 笹原和俊, "フェイクやヘイトを助長するネットの言語", 歴史言語学, Vol.9, pp.119-128, 2021年1月

査読有り会議論文

  1. Canasai Kruengkrai, Junichi Yamagishi “Mitigating the Diminishing Effect of Elastic Weight Consolidation” COLING 2022, accepted, Oct 2022
  2. Chang Zeng, Lin Zhang, Meng Liu, Junichi Yamagishi “Spoofing-Aware Attention based ASV Back-end with Multiple Enrollment Utterances and a Sampling Strategy for the SASV Challenge 2022" Interspeech 2022, accepted, Sept 2022, Preprint
  3. Chang Zeng, Xin Wang, Erica Cooper, Xiaoxiao Miao, Junichi Yamagishi “Attention Back-end for Automatic Speaker Verification with Multiple Enrollment Utterances” ICASSP 2022, May 2022, Link
  4. K. Miyazaki, T. Uchiba, K. Tanaka, J. An, H. Kwak, and K. Sasahara, “This is Fake News”: Characterizing the Spontaneous Debunking from Twitter Users to COVID-19 False Information, ICWSM 2023 (International AAAI Conference on Web and Social Media) Preprint
  5. Zheng Qi, AprilPyone MaungMaung, Yuma Kinoshita and Hitoshi Kiya, "Privacy-Preserving Image Classification Using Vision Transformer", EUSIPCO2022, accepted, August 2022, Preprint
  6. Sosuke Nishikawa, Ryokan Ri, Ikuya Yamada, Yoshimasa Tsuruoka and Isao Echizen, "EASE: Entity-Aware Contrastive Learning of Sentence Embedding." NAACL 2022, accepted, July 2022, Preprint
  7. Yusuke Hirota, Yuta Nakashima, Noa Garcia, "Gender and Racial Bias in Visual Question Answering Datasets", Proc. ACM Conference on Fairness, Accountability, and Transparency (FAccT) 2022, accepted, June 2022
  8. Kunihiro Miyazaki, Takayuki Uchiba, Kenji Tanaka, Kazutoshi Sasahara, "Characterizing the Anti-Vaxxers’ Reply Behavior on Social Media", WI-IAT '21, December 2021 Link
  9. Riku Togashi, Mayu Otani, Yuta Nakashima, Esa Rahtu, Janne Heikkila, Tetsuya Sakai, "AxIoU: An Axiomatically Justified Measure for Video Moment Retrieval", Proc. IEEE/CVF Conference on Computer Vision and Pattern Recognition, accepted, June 2022
  10. Mayu Otani, Riku Togashi, Yuta Nakashima, Esa Rahtu, Janne Heikkila, and Shin'ichi Satoh, "Optimal Correction Cost for Object Detection Evaluation", Proc. IEEE/CVF Conference on Computer Vision and Pattern Recognition, accepted, June 2022
  11. Yusuke Hirota, Yuta Nakashima, and Noa Garcia, "Quantifying Societal Bias Amplification in Image Captioning", Proc. IEEE/CVF Conference on Computer Vision and Pattern Recognition, accepted, June 2022
  12. Dilrukshi Gamage, Piyush Ghasiya, Vamshi Krishna Bonagiri, Mark E. Whiting, and Kazutoshi Sasahara, "Are deepfakes concerning? Exploring societal implications of deepfake conversations in Reddit", CHI 2022, accepted, May 2022, Link
  13. Khanh-Duy Nguyen, Huy H. Nguyen, Trung-Nghia Le, Junichi Yamagishi, Isao Echizen, "Effectiveness of Detection-based and Regression-based Approaches for Estimating Mask-Wearing Ratio," The International Workshop on Face and Gesture Analysis for COVID-19 (FG4COVID19) held in conjunction with FG 2021, December, 2021, preprint, dataset
  14. D. Takeshita, M. Kuribayashi, N. Funabiki, "A study of feature extraction suitable for double JPEG compression analysis based on statistical bias observation of DCT coefficients", APSIPA ASC 2021, December 2021
  15. K. Nakai, M. Kuribayashi, N. Funabiki, "A study of privacy protection of photos taken by wide-angle surveillance camera", APSIPA ASC 2021, December 2021
  16. Y. Yamasaki, M. Kuribayashi, N. Funabiki, H. Nguyen, and I. Echizen, "A Study of Feature Extraction Based on Denoising Auto Encoder for Classification of Adversarial Examples," APSIPA ASC 2021, December 2021
  17. MaungMaung AprilPyone, Hitoshi Kiya, "A Protection Method of Trained CNN Model Using Feature Maps Transformed With Secret Key From Unauthorized Access", APSIPA ASC 2021, December 2021, Preprint
  18. Dilrukshi Gamage, Jiayu Chen, and Kazutoshi Sasahara, "The Emergence of Deepfakes and its Societal Implications: A Systematic Review", Conference for Truth and Trust Online, October 2021
  19. Sosuke Nishikawa, Ikuya Yamada, Yoshimasa Tsuruoka, Isao Echizen, "A Multilingual Bag-of-Entities Model forZero-Shot Cross-Lingual Text Classification", ACL-IJCNLP 2021 Student Research Workshop (non-archival option), 2021, Link
  20. Liangzhi Li, Bowen Wang, Manisha Verma, Yuta Nakashima, Ryo Kawasaki, Hajime Nagahara, “SCOUTER: Slot Attention-based Classifier for Explainable Image Recognition” ICCV 2021, accepted, October 2021, Preprint, code
  21. Trung-Nghia Le, Huy H. Nguyen, Junichi Yamagishi, Isao Echizen, "OpenForensics: Large-Scale Challenging Dataset For Multi-Face Forgery Detection And Segmentation In-The-Wild" ICCV 2021, accepted, October 2021, Preprint, presentation video, dataset
  22. April Pyone MAUNG MAUNG, Hitoshi KIYA, "TRANSFER LEARNING-BASED MODEL PROTECTION WITH SECRET KEY,", IEEE International Conference on Image Processing, accepted, September 2021
  23. Canasai Kruengkrai, Xin Wang, Junichi Yamagishi, "A Multi-Level Attention Model for Evidence-Based Fact Checking", Findings of ACL2021, accepted, August 2021, Preprint, code
  24. M. Kuribayashi, T. Tanaka, S. Suzuki, T. Yasui, Nobuo Funabiki, "White-box watermarking scheme for fully-connected layers in fine-tuning model," 9th ACM Workshop on Information Hiding and Multimedia Security (IH&MMSec'21), accepted, June 2021.
  25. April Pyone MAUNG MAUNG, Hitoshi KIYA, "Piracy-Resistant DNN Watermarking by Block-Wise Image Transformation with Secret Key," ACM Workshop on Information Hiding and Multimedia Security 22th, accepted, June 2021.
  26. Marc Treu, Trung-Nghia Le, Huy H. Nguyen, Junichi Yamagishi, Isao Echizen, "Fashion-Guided Adversarial Attack on Person Segmentation", Computer Vision and Pattern Recognition WORKSHOP ON MEDIA FORENSICS 2021, accepted, June 2021, Preprint, Presentation Video, code/dataset
  27. Harkeerat Kaur, Rohit Kumar, and Isao Echizen, "Reinforcement Learning based Smart Data Agent for Location Privacy", The 35th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2021), accepted, May 2021
  28. Sota Kawakami, Kei Okada, Naoko Nitta, Kazuaki Nakamura, Noboru Babaguchi, "Semi-supervised outdoor image generation conditioned on weather signals", Proc. of 25th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2020), January 2021
  29. A. Higashi, M. Kuribayashi, N. Funabiki, H. Nguyen, I. Echizen, "Detection of adversarial examples based on sensitivities to noise removal filter", Proceedings of 2020 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Anual Sumit and Confonference (APSIPA ASC 2020), December 2020

プレプリント

  1. Lin Zhang, Xin Wang, Erica Cooper, Nicholas Evans, Junichi Yamagishi, "The PartialSpoof Database and Countermeasures for the Detection of Short Generated Audio Segments Embedded in a Speech Utterance", Submitted to IEEE/ACM Transactions on Audio Speech and Language Processing, April 2022, Preprint
  2. Xiaoxiao Miao, Xin Wang, Erica Cooper, Junichi Yamagishi, Natalia Tomashenko, "Analyzing Language-Independent Speaker Anonymization Framework under Unseen Conditions", March 2022, Preprint
  3. Xin Wang, Junich Yamagishi, "Investigating Active-learning-based Training Data Selection for Speech Spoofing Countermeasure", March 2022, Preprint
  4. Wen-Chin Huang, Erica Cooper, Yu Tsao, Hsin-Min Wang, Tomoki Toda, Junichi Yamagishi, "The VoiceMOS Challenge 2022", March 2022, Preprint
  5. K. Miyazaki, T. Uchiba, K. Tanaka, and K. Sasahara, "Aggressive behaviour of anti-vaxxers and their toxic replies in English and Japanese", January 2022, Preprint
  6. Futa Waseda, Sosuke Nishikawa, Trung-Nghia Le, Huy H. Nguyen, Isao Echizen, "Closer Look at the Transferability of Adversarial Examples: How They Fool Different Models Differently", December 2021, Preprint
  7. Minh-Quan Le, Trung-Nghia Le, Tam V. Nguyen, Isao Echizen, Minh-Triet Tran, "Multimodal-based Scene-Aware Framework for Aquatic Animal Segmentation", December 2021, Preprint
  8. Jialiang Shi, Piyush Ghasiya, Kazutoshi Sasahara, "Psycho-linguistic differences among competing vaccination communities on social media", Novemver 2021, Preprint
  9. Wentao Xu, Kazutoshi Sasahara, "A network-based approach to QAnon user dynamics during COVID-19 infodemic", October 2021, Preprint
  10. Sosuke Nishikawa, Ikuya Yamada, Yoshimasa Tsuruoka, Isao Echizen, "A Multilingual Bag-of-Entities Model for Zero-Shot Cross-Lingual Text Classification", October 2021, Preprint

書籍・著書・解説記事


特集:インフォデミック時代のAIとサイバーセキュリティ(ゲストエディター:越前 功),
映像情報メディア学会誌 2022年07月号(Vol.76 No.4)
 

Frontiers in Fake Media Generation and Detection (M. Khosravy, I. Echizen, and N. Babaguchi, eds.)
 

笹原和俊 『フェイクニュースを科学する: 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ (DOJIN文庫) 』化学同人 , 2021年7月
 
  1. 小林正啓, "ディジタルプロパガンダ等に対する技術的・法的対抗策について", Book chapter, 映像情報メディア学会誌(2022年07月号)特集:インフォデミック時代のAIとサイバーセキュリティ, Chapter 6, 2022年7月
  2. 宮崎邦洋, 笹原和俊, "SNSにおけるインフォデミック事象の定量化", Book chapter, 映像情報メディア学会誌(2022年07月号)特集:インフォデミック時代のAIとサイバーセキュリティ, Chapter 5, 2022年7月
  3. 中島悠太, 李良知, 王博文, "AIの信頼性を高めるExplainable AI", Book chapter, 映像情報メディア学会誌(2022年07月号)特集:インフォデミック時代のAIとサイバーセキュリティ, Chapter 4, 2022年7月
  4. Canasai Kruengkrai, 山岸順一, "自動事実検証:FEVER Challenge参加から得た教訓", Book chapter, 映像情報メディア学会誌(2022年07月号)特集:インフォデミック時代のAIとサイバーセキュリティ, Chapter 3, 2022年7月
  5. Trung-Nghia Le, Huy H Nguyen, 山岸順一, 越前功, "Deepfake生成と検出の現状", Book chapter, 映像情報メディア学会誌(2022年07月号)特集:インフォデミック時代のAIとサイバーセキュリティ, Chapter 2, 2022年7月
  6. 越前功, 馬場口登, 笹原和俊, "フェイクメディア克服の最前線", Book chapter, 映像情報メディア学会誌(2022年07月号)特集:インフォデミック時代のAIとサイバーセキュリティ, Chapter 1, 2022年7月
  7. 越前功, 馬場口登, 笹原和俊, Trung-Nghia Le, Huy H Nguyen, 山岸順一, Canasai Kruengkrai, 中島悠太, 李良知, 王博文, 宮崎邦洋, 小林正啓, "インフォデミック時代のAIとサイバーセキュリティ", 映像情報メディア学会誌(2022年07月号), 2022年7月, Link
  8. Kazuaki Nakamura, Yuto Mori, Naoko Nitta, and Noboru Babaguchi, "Recognizer Cloning Attack on Image Recognition Services and Its Defending Method", Book chapter, Frontiers in Fake Media Generation and Detection, Chapter 10, Springer, 2022
  9. Xin Wang and Junichi Yamagishi, "A Practical Guide to Logical Access Voice Presentation Attack Detection", Book chapter, Frontiers in Fake Media Generation and Detection, Chapter 8, Springer, 2022, Link
  10. MaungMaung AprilPyone and Hitoshi Kiya, "Adversarial Defense with Secret Key", Book chapter, Frontiers in Fake Media Generation and Detection, Chapter 7, Springer, 2022
  11. Minoru Kuribayashi, "Defense Against Adversarial Attacks", Book chapter, Frontiers in Fake Media Generation and Detection, Chapter 6, Springer, 2022
  12. Jeongwoo Lim, Masayuki Tamura, Naoko Nitta, Kazuaki Nakamura, and Noboru Babaguchi, "Spoofing Tweet Generator considering Points of Interest of Target User", Book chapter, Frontiers in Fake Media Generation and Detection, Chapter 5, Springer, 2022
  13. Trung-Nghia Le, Huy H Nguyen, Junichi Yamagishi, and Isao Echizen, "Robust Deepfake On Unrestricted Media: Generation And Detection", Book chapter, Frontiers in Fake Media Generation and Detection, Chapter 4, Springer, 2022, Link
  14. Minoru Kuribayashi, "Adversarial Attacks", Book chapter, Frontiers in Fake Media Generation and Detection, Chapter 3, Springer, 2022
  15. MaungMaung AprilPyone, Yuma Kinoshita, and Hitoshi Kiya, Tokyo Metropolitan, "Adversarial Examples and Defenses", Book chapter, Frontiers in Fake Media Generation and Detection, Chapter 2, Springer, 2022
  16. Dilrukshi Gamage, Jiayu Cheny, Piyush Ghasiya, and Kazutoshi Sasahara, "Deepfakes and Society: What lies ahead?", Book chapter, Frontiers in Fake Media Generation and Detection, Chapter 1, Springer, 2022
  17. Mahdi Khosravy, Isao Echizen, Noboru Babaguchi, "Frontiers in Fake Media Generation and Detection", Springer, 2022年6月, Link
  18. Ruben Tolosana, Christian Rathgeb, Ruben Vera-Rodriguez, Christoph Busch, Luisa Verdoliva, Siwei Lyu, Huy H. Nguyen, Junichi Yamagishi, Isao Echizen, Peter Rot, Klemen Grm, Vitomir Štruc, Antitza Dantcheva, Zahid Akhtar, Sergio Romero-Tapiador, Julian Fierrez, Aythami Morales, Javier Ortega-Garcia, Els Kindt, Catherine Jasserand, Tarmo Kalvet, Marek Tiits, "Future Trends in Digital Face Manipulation and Detection", Book chapter, Handbook of Digital Face Manipulation and Detection, pp.463-482, Springer, 2022
  19. Huy H. Nguyen, Junichi Yamagishi, Isao Echizen, "Capsule-Forensics Networks for Deepfake Detection", Book chapter, Handbook of Digital Face Manipulation and Detection, pp. 275-301, Springer, 2022
  20. 越前功, 「科学を仕事にするということ 未来を拓く30人」, 別冊日経サイエンス248, 2021年11月
  21. 笹原和俊 『フェイクニュースを科学する: 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ (DOJIN文庫) 』化学同人 , 2021年7月
  22. 笹原和俊, 「計算社会科学入門」, 計算社会科学とは何か, 2021年1月
  23. 笹原和俊, 「パンデミック時代の感染症研究 : 病原体の病原性、多様性、生活環から新型コロナウイルスを取り巻く社会の動きまで」, インフォデミック, 2021年1月

招待講演

  1. Isao Echizen, "Real or Fake? Fake Media Generation and Detection", INTERNATIONAL FORUM INTELLIGENCE AUGMENTATION AND AMPLIFICATION PLUS SOCIETY 2022 (IAASOC 2022), July 2022 Link
  2. Isao Echizen, "Real or Fake? From Biometric Data Protection to Fake Media Detection", The 2022 4th International Electronics Communication Conference (IECC 2022), July 2022 <Keynote>
  3. 越前功, "Real or Fake? 生体情報の共有とフェイクメディア生成 ~インフォデミックの克服に向けた取り組み~", 大阪大学 MMDS AI・データ利活用研究会 第28回, 2022年2月, Link
  4. 越前功, "ディープフェイクとは", 第65回 情報セキュリティ大学院大学 ISSスクエア水平ワークショップ, 2022年2月 Link
  5. 越前功, "顔を対象としたフェイクメディアの生成と検出", 総務省 プラットフォームサービスに関する研究会(第 31 回), 2021年12月, Link
  6. 越前功, "Real or Fake? From Biometric Data Protection to Fake Media Detection", The 2nd International JST-ERCIM Workshop, 2021年12月, Link
  7. 越前功, "Real or Fake? インフォデミックを克服するソーシャル情報基盤技術〜地球規模で生じる不確かな情報の氾濫を抑止するには〜", 2021年度 情報・システム研究機構 機構シンポジウム, 2021年12月, Link
  8. 越前功, "Real or Fake? フェイクメディアの生成と検出,インフォデミックの 克服に向けて", バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム(SBRA2021), 2021年11月
  9. 栗林稔, "ディープフェイクを見破れ!," 兵庫県立豊岡高等学校 【STEAM講演会】, 2021年11月
  10. Isao Echizen, "Real or Fake? From Biometric Data Protection to Fake Media Detection", Quarterly Invited Speech at IAPR Computation Forensics Technical Committee (TC6), September 29, 2021, Link
  11. 越前功, "フェイクデータの生成と判別に関する最新の技術動向", IPAコラボレーション・プラットフォーム, 2021年9月
  12. 笹原和俊, "フェイクニュースとディスインフォメーション対策の動向:イスラエルと日本の最新事例から", 東大先端研創発戦略研究オープンラボのウェビナー, 2021年8月
  13. Huy H. Nguyen, "Deepfake Generation and Detection – An Overview", 第27回画像センシングシンポジウム, June 2021, Slides, Presentation Video
  14. 栗林稔, "ディープフェイクを見破れ~サイバー空間における情報戦の最前線~," 新時代の日本を考える兵庫フォーラム, 2021年5月
  15. Isao Echizen, "Real or Fake? The Future of Biometric Data Protection", EURASIP Journal on Image and Video Processing Webinar, May 2021
  16. M. Kuribayashi, "Adversarial Examples of Deep Learning System and Its Defense", IEEE Computational Intelligence Society Chapter and Ahmedabad University, March 2021
  17. Isao Echizen, "Real or Fake? The Future of Media Security and Privacy", Symposium of Yotta Informatics, Research Platform for Yotta-Scale Data Science 2021, March 2021
  18. Isao Echizen, Junichi Yamagishi, Trung-Nghia Le, and Huy H. Nguyen, "Real or Fake? The Future of Media Security and Privacy", The 7th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2021 (ISFAR-SU2021), March 2021
  19. 川上蒼太, 岡田渓, 新田直 子, 中村和晃, 馬場口登, "半教師あり学習による非視覚センサ値を用いた時間軸をもつ画像列生成", 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU), Vol.120, No.409, pp.19-24, 2021年3月
  20. 馬場口登, "REALそれともFAKE", 電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), Vol.120, No.418, pp.40-45, 2021年3月
  21. Kazutoshi Sasahara, "Online echo chamber: What is it and how to break out of it?", Eurasian Summit of models for Society 2021, March 2021
  22. 笹原和俊, "計算社会科学とは", CCSS School on Computational Social Science「計算社会科学入門」, 2021年2月
  23. Isao Echizen, "Real or Fake? The future of biometric data protection", The 2021 2nd Asia Service Sciences and Software Engineering (ASSE) Conference, February 2021 <Keynote>
  24. 笹原和俊, "フェイクニュースとSNSの諸問題", 電気通信協会フォーラム, 2020年12月
  25. 笹原和俊, "計算社会科学で探るインフォデミックの予兆", 第11回EAJ中部レクチャー, 2020年12月

口頭発表,ポスター・デモ

  1. Piyush Ghasiya Kazutoshi Sasahara, "Rapid Sharing of Islamophobic Hate on Facebook: The Case of the Tablighi Jamaat Controversy", IC2S2 2022, accepted, July 2022
  2. Wentao Xu, Kazutoshi Sasahara, "QAnon user dynamics and topical diversity amid the COVID-19 infodemic", IC2S2 2022, accepted, July 2022
  3. Dilrukshi Gamage, Kazutoshi Sasahara, "Analyzing conversations about deepfakes in Reddit and Twitter", IC2S2 2022, accepted, July 2022
  4. Kunihiro Miyazaki, Takayuki Uchiba, Jisun An, Haewoon Kwak, Kazutoshi Sasahara, "Characterizing the Spontaneous Debunking from Twitter Users to COVID-19 False Information", IC2S2 2022, accepted, July 2022
  5. 西川 荘介, 山田 育矢, 鶴岡 慶雅, 越前 功, "エンティティの言語間リンクに基づく多言語モデルの構築", 言語処理学会第27回年次大会, 2021年3月
  6. 内田祐生, 新田直子, 中村和晃, 馬場口登, "画像の印象操作のためのオブジェクトの外観変換", 電子情報通信学会2021年総合大会, 2021年3月
  7. 吉村駿佑, 中村和晃, 新田直子, 馬場口登, "構造未知の画像認識器に対するModel Inversion Attackの検討", 電子情報通信学会2021年総合大会, 2021年3月
  8. 大迫勇太郎, 河野和宏, 馬場口登, "敵対的生成ネットワークによる映像改ざん検出法の改良", 電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), 2021年3月
  9. 濱崎直紀, 中村和晃, 新田直子, 馬場口登, "GAN識別器のアンサンブル学習による真正画像とクローン画像の識別", 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU), 2021年3月
  10. 東亮憲, 栗林稔, 舩曵信生, Huy Hong Nguyen, 越前 功, "複数のフィルタ強度によるCNN画像分類器の応答特性を用いた敵対的事例の検出法", 電子情報通信学会 EMM研究会, 2021年3月
  11. Wentao Xu, Kazutoshi Sasahara, "Characterizing the roles of bots during the COVID-19 infodemic on Twitter", 第5回計算社会科学ワークショップ, 2021年2月
  12. 奥田慎平, 笹原和俊, "Twitterデータを用いた新型コロナ禍における転売現象の分析", 第5回計算社会科学ワークショップ, 2021年2月
  13. Junichi Yamagishi and Isao Echizen, "Deepfake Video Detection", CES 2021, January 2021
  14. 濱崎直紀, 中村和晃, 新田直子, 馬場口登, "GANにより訓練した識別器のバギングによる手書き文字画像とコンピュータ生成文字画像の識別", 映像情報メディア学会創立70周 年記念大会, 2020年12月
  15. 水野貴之, 土井翔平, 栗崎周平, 豊田正史, "SNSに広がる米中の分極化とエコーチェンバー", 2020年度第2回明治大学MIMS研究会「Data-driven Mathematical Sciences:経済物理とその周辺」, 2020年12月
  16. 笹原和俊, "計算社会科学で探る新型コロナ・インフォデミック", 東工大リサーチフェスティバル2020, 2020年12月
  17. 笹原和俊, "多様なつながりを促進するSNS", 東工大DLabパートナーズワークショップ2, 2020年12月
  18. Jiayu Chen, Tasuku Igarashi, "Overcoming choice homophily under wealth disparities in dynamic social networks.", 5th Australian Social Network Analysis Conference, Novemver 2020
  19. Jiayu Chen, Tasuku Igarashi, "Universal cooperation beyond the rich-poor boundaries: Process of reducing socioeconomic inequality in dynamic networks.", 日本社会心理学会第61回大会, 2020年11月
  20. Jiayu Chen, Tasuku Igarashi, "Do Well and Have Well: Favorable Behavior Breeds Rich-Poor Cooperation.", 32nd Association for Psychological Science Annual Convention, June 2020

メディア(Press release/ News release)

  1. AIにより生成されたフェイク顔映像を自動判定するプログラム SYNTHETIQ: Synthetic video detectorを開発 ~AI動画の生成、フェイクメディアの検知、メディアの信頼性確保の研究を推進~ , 国立情報学研究所 ニュースリリース, 2021/09/22
  2. AI動画・音声を研究するシンセティックメディア国際研究センターを新設~AI動画の生成、フェイクメディアの検知、メディアの信頼性確保の研究を推進~ , 国立情報学研究所 ニュースリリース, 2021/07/01

メディア(インターネット記事)

  1. 笹原和俊, 2022年8月10日掲載, リクルートワークス研究所機関紙Works, 第2回 「情報生態系」の仕組みを理解する
  2. 笹原和俊, 2022年6月10日掲載, リクルートワークス研究所機関紙Works, 第1回 虚偽情報が溢れかえる「情報の死の世界」
  3. 越前功, 栗林稔, 2022年8月25日掲載, 読売新聞オンライン, 「ディープフェイク」見破る技術、日本でも開発進む…難問でAI特訓・音声に検知信号
  4. 越前功, 馬場口登, 山岸順一, 2022年7月12日掲載, 朝日新聞DIGITAL, ディープフェイク「恐ろしいほどリアル」 作るのも見破るのもAI
  5. 越前功, 山岸順一, 2022年6月19日掲載, 日本経済新聞電子版, AIカメラ、急速に普及 プライバシーの扱いが課題-デンシバSpotlight
  6. 越前功, 2022年6月2日掲載, SankeiBiz, 顔認証普及の裏で進むディープフェイク対策 AI、多要素認証…
  7. 越前功, 2022年3月30日掲載, 毎日新聞Web, 「顔合成」の再識別排除カギ 露の弾圧からLGBTQを守る/下
  8. 越前功, 2022年3月2日掲載, NHKニュース, ロシアのウクライナ侵攻 フェイク動画にだまされないためには
  9. 馬場口登, 2022年1月17日掲載, 毎日新聞 オシント新時代~荒れる情報の海 ディープフェイク「本物と見分けつかなくなる」
  10. 笹原和俊, 2022年1月5日掲載, 毎日新聞, オシント新時代・荒れる情報の海:/5 医療デマ、SNS攻防(その2止) 24歳、接種ためらい後悔 デマにほんろうされ
  11. 笹原和俊, 2021年12月31日掲載, 日本経済新聞, 課題解決の精度高まる データから社会を読む
  12. 笹原和俊, 2021年12月17日掲載, 読売新聞オンライン, 打ち寄せる同じ主張、妄信生んだ情報の「偏食」…[虚実のはざま]第5部「解」を探る<3>
  13. 笹原和俊, 2021年11月11日掲載, NewsPicks web版, 【要約版】SNSと分断を知る、世界の「研究4選」
  14. 越前功, 2021年11月9日掲載, NHK NEWS WEB, まるでホンモノ?活躍する その“ヒト”の正体
  15. 越前功, 2021年10月18日掲載, NHK NEWS WEB, AIでモザイク除去 アダルトビデオ画像をネット掲載疑い逮捕
  16. 越前功, 山岸順一, 2021年9月30日掲載, MONOist, AIを悪用したディープフェイク映像を見分ける、自動判定プログラムを開発
  17. 越前功, 山岸順一, 2021年9月23日掲載, マイナビニュース, AIにより生成されたフェイク顔映像の自動判定するプログラムをNIIが開発
  18. 越前功, 山岸順一, 2021年9月22日掲載, Itmedia, 「ディープフェイク」を見破るプログラム、NIIが開発 圧縮された映像でも一定の信頼性
  19. 笹原和俊, 2021年9月3日掲載, 毎日新聞 電子版, 「もてあそばれている」反コロナワクチン “陰謀論”信じる理由
  20. 山岸順一, 2021年5月10日掲載, Forbes, Analyzing The Rise Of Deepfake Voice Technology
  21. 笹原和俊, 2021年7月18日掲載, 日本経済新聞 フェイクの姿が見えた SNS蝕む誤情報のすみか ~オピニオンの科学②
  22. 笹原和俊, 2021年7月11日掲載, 日本経済新聞, フェイクニュースに迫る経済学 被害抑制策も追及
  23. 越前功, 2021年7月6日掲載, 日本経済新聞, 「AI俳優」もろ刃の人気 動画制作費9割減、倫理に課題も
  24. 水野貴之, 2021年6月22日掲載, 日本経済新聞, 「自粛率」世代差小さく 水野貴之・国立情報学研准教授 コロナと闘う経済学 若手研究者に聞く(2)
  25. 山岸順一, 2021年5月28日掲載, 読売新聞オンライン, AI悪用 精巧フェイク…「画像は本物」拡散続く[奔流デジタル]#侵食される権利<2>
  26. 越前功, 2021年4月28日, 読売新聞オンライン,
    加藤官房長官、フェイクの笑み…AIで悪意の改変[虚実のはざま]第2部 作られる「真相」<4>
  27. 越前功, 2020年12月27日掲載, NIKKEI STYLE,
    AI駆使し本物そっくり 「ディープフェイク」の脅威
  28. Kazutoshi Sasahara, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Model captures how polarization emerges on social media during political campaigns, December 20, 2020

メディア(放送)

  1. 越前功, 山岸順一, 2021年12月26日, BSフジ ガリレオX, 第257回「画像処理技術の光と影 画像を操る先端技術、フェイクへの懸念」, YouTube
  2. 越前功, 2021年10月18日, NHKニュースほっと関西, AIでモザイク除去 ネットに掲載の疑い
  3. 越前功, 2021年10月18日, NHKニュース630 京いちにち, 「モザイク除去」画像をネットに,サイトの元運営者が逮捕

メディア(新聞記事)

  1. 越前功, 2022年8月31日掲載, 産経新聞(大阪) 朝刊 18面, 「いまを紡ぐ 藤井聡太のことば(5)=AI 「今は対決を超えた共存の時代」 新たな知性 まだ見ぬ領域へ」
  2. 越前功, 2022年8月30日掲載, 産経新聞 朝刊 16面, 「いまを紡ぐ 藤井聡太のことば(4)=AI 「今は対決を超えた共存の時代」 新たな知性 まだ見ぬ領域へ」
  3. 越前功, 栗林稔, 2022年8月25日掲載, 読売新聞(大阪) 夕刊 1面, 「偽動画見破れ 日本の技術 政府、開発支援 難問でAI強化 音声に検知信号」
  4. 越前功, 栗林稔, 2022年8月25日掲載, 読売新聞 夕刊 1面, 「偽動画見破れ 日本の技術 政府、開発支援 難問でAI強化 音声に検知信号」
  5. 越前功, 馬場口登, 山岸順一, 2022年7月13日掲載, 朝日新聞(大阪版)朝刊33面, 「ディープフェイク AIいたちごっこ 増える悪用 偽造VS.見破る技術」
  6. 越前功, 馬場口登, 山岸順一, 2022年7月12日掲載, 朝日新聞朝刊31面, 「ディープフェイク AIいたちごっこ 増える悪用 偽造VS.見破る技術」
  7. 笹原和俊, 2022年6月27日掲載, 東京新聞朝刊12面, 「ニュースがわかるAtoZ 広がるフェイクニュース」
  8. 越前功, 山岸順一, 2022年6月20日掲載, 日本経済新聞 夕刊 2面, 「AIカメラ 急速に普及 プライバシーの扱いが課題」
  9. 越前功, 2022年6月5日掲載, 産経新聞(大阪)朝刊 4面, 「本人なりすまし防止 顔認証 偽動画をAIで検知 安全強化へ進む対策」
  10. 笹原和俊, 2022年5月16日掲載, 読売新聞朝刊11面, 「ネット社会 ゆがむ情報」
  11. 笹原和俊, 2022年3月4日掲載, 東京新聞朝刊20面, 「ウクライナ侵攻 SNS フェイク氾濫ご注意」
  12. 笹原和俊, 2022年1月5日掲載, 毎日新聞朝刊3面, 「オシント新時代・荒れる情報の海:/5 医療デマ、SNS攻防(その2止) 24歳、接種ためらい後悔 デマにほんろうされ」
  13. 笹原和俊, 2022年1月3日掲載, 東京新聞他(共同通信によるインタビュー記事) 「不確かな情報の氾濫 インフォデミックに対抗する」
  14. 越前功, 馬場口登, 山岸順一, 2022年1月4日掲載, 毎日新聞(大阪)朝刊1面, 「オシント新時代 荒れる情報の海(4)ディープフェイク 脅威拡大 顔認証 容易に突破」
  15. 越前功, 馬場口登, 山岸順一, 2022年1月4日掲載, 毎日新聞朝刊1面, 「オシント新時代 荒れる情報の海(4)ディープフェイク 脅威拡大 顔認証 容易に突破」
  16. 水野貴之, 2021年12月31日掲載, 毎日新聞(大阪)朝刊1面, 「オシント新時代 荒れる情報の海(1) 公開情報を駆使して分析 「隠れ株主」中国を探せ」
  17. 水野貴之, 2021年12月31日掲載, 毎日新聞朝刊1面, 「オシント新時代 荒れる情報の海(1) 公開情報を駆使して分析 「隠れ株主」中国を探せ」
  18. 笹原和俊, 2021年12月17日掲載, 読売新聞朝刊32面, 「打ち寄せる同じ主張、妄信生んだ情報の「偏食」…[虚実のはざま]第5部「解」を探る<3>」
  19. 笹原和俊, 2021年7月18日掲載, 日本経済新聞 朝刊サイエンス面, 「フェイクの姿が見えた SNS蝕む誤情報のすみか ~オピニオンの科学②」
  20. 越前功, 山岸順一, 2021年7月16日掲載, 科学新聞 2面, 「NIIが「シンセティックメディア国際研究センター」新設」
  21. 越前功, 2021年7月6日掲載, 日本経済新聞 朝刊14面, 「「AI俳優」もろ刃の人気――ディープフェイク防止へ、企業のリスク対策急務。」
  22. 越前功, 2021年6月12日掲載, 読売新聞 夕刊9面, 「SNS個人割り出し報酬 「特定屋」ネットで暗躍 ストーカーが悪用被害も」
  23. 笹原和俊, 2021年5月28日掲載, 読売新聞 朝刊1面, 「ワクチンで不妊 誤信した看護師[奔流デジタル]#侵食される権利<2>」
  24. 山岸順一, 2021年5月28日掲載, 読売新聞 朝刊31面, 「AI悪用 精巧フェイク 「画像は本物」拡散続く」
  25. 山岸順一, 2021年5月28日掲載, 読売新聞(大阪) 朝刊31面, 「AI悪用 精巧フェイク 「画像は本物」拡散続く」
  26. 越前功, 2021年4月11日掲載, 読売新聞 朝刊34面, 「虚実のはざま=第2部 作られる「真相」(4) フェイク画像 誤解を誘発 AIで改変 判別難しく」
  27. 越前功, 2021年4月10日掲載, 読売新聞(大阪) 朝刊27面, 「虚実のはざま=第2部 作られる「真相」(4) フェイク画像 巧妙に 表情 AIで悪意の改変」
  28. 越前功, 2021年3月10日掲載, 京都新聞, 「ディープフェイク技術 情報真偽、慎重な見極めを」
  29. 笹原和俊, 2021年2月22日掲載, 日本経済新聞(朝刊17面), 「民主主義脅かすフェイク情報 「心の癖」にワナ/扇動で独裁者生む」
  30. 越前功, 2021年2月2日掲載, 日経産業新聞, 「国立情報学研究所教授越前功――盗撮防ぎフェイク見破る、サイバーとリアル、まだ見ぬ脅威に備え(挑むFrontRunner)」
  31. 越前功, 2021年1月31日掲載, 毎日新聞, 「ファクトチェック 大江健三郎氏の「電気はいらない!」プラカード画像は虚偽 著作権侵害の可能性」
  32. 笹原和俊, 2021年1月24日掲載, 読売新聞(朝刊27面), 「怪情報 即座に「輸入」」
  33. 越前功, 2020年12月28日掲載, 日本経済新聞, 「「ディープフェイク」技術進歩―被害防止、国も研究始動(デンシバSpotlight)」

メディア(その他)

  1. 馬場口登, 山岸順一, 中村和晃, 2022年1月4日公開, 毎日新聞 映像ニュース, ディープフェイク、脅威拡大 顔認証、容易に突破 無料アプリで合成動画, YouTube

特許

受賞

  1. 大迫勇太郎, 2020年度第6回EMM研究会優秀学生発表賞, 電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM), 2021年3月
  2. 東亮憲, 2020年度第6回EMM研究会優秀学生発表賞, 電子情報通信学会 EMM研究会, 2021年3月

その他

  1. K. Miyazaki, T. Uchiba, K. Tanaka, and K. Sasahara, "The Strategy Behind Anti-Vaxxers’ Reply Behavior on Social Media", submitted, preprint
  2. 東亮憲, 栗林稔, 舩曵信生, Huy Hong Nguyen, 越前功, "複数のフィルタ強度によるCNN画像分類器の応答特性を用いた敵対的事例の検出法", 信学技報, 2021年3月
  3. Yu Zhang, "Effects of User Curiosity on Recommender System: A Computational Social Science Study", 名古屋大学大学院 情報学研究科修士論文, 2021年1月
  4. 奥田慎平, "計算社会科学のアプローチによる言語と社会の共進化に関する研究", 名古屋大学大学院 情報学研究科修士論文, 2021年1月
  5. 鳥海不二夫, 笹原和俊, 奥田慎平, 福原奈央, "計算社会科学による新型コロナウイルス関連相談分析の試み", 国民生活研究, Vol.60, No.2, pp.16-55