インフォデミックを克服するソーシャル情報基盤技術 CREST研究領域:信頼されるAIシステムを支える基盤技術

研究業績

査読有り学術論文誌 | 査読有り会議論文 | プレプリント | 書籍・著書・解説記事 | 招待講演 | 口頭発表,ポスター・デモ | メディア(Press release/ News release) | メディア(インターネット記事) | メディア(放送) | メディア(新聞記事) | メディア(その他) | 特許 | 受賞 | その他

査読有り学術論文誌

  1. Trung-Nghia Le, Yubo Cao, Tan-Cong Nguyen, Minh-Quan Le, Khanh-Duy Nguyen, Thanh-Toan Do, Minh-Triet Tran, Tam V. Nguyen, "Camouflaged Instance Segmentation In-The-Wild: Dataset, Method, and Benchmark Suite", IEEE Transactions on Image Processing (T-IP), accepted, 2021, Preprint
  2. Xu Wentao and Kazutoshi Sasahara, "Characterizing the roles of bots on Twitter during the COVID-19 infodemic", Journal of Computational Social Science, accepted, 2021, Preprint, Link
  3. Sisheng Chen, Ching-Chun Chang, and Isao Echizen, "Steganographic Secret Sharing with GAN-Based Face Synthesis and Morphing for Trustworthy Authentication in IoT," IEEE Access, accepted, 2021, Link
  4. Thach V. Bui, Mahdi Cheraghchi, and Isao Echizen, "Improved non-adaptive algorithms for threshold group testing with a gap", IEEE Transactions on Information Theory, accepted, 2021, Link
  5. April Pyone MAUNG MAUNG, Hitoshi KIYA, "A protection method of trained CNN model with a secret key from unauthorized access", APSIPA Transactions on Signal and Information Processing, Vol.10, July 2021, Link
  6. Akiko Matsuo, Baofa Du and Kazutoshi Sasahara, "Appraisals of Fairness moral foundation predicts the language use involving moral issues on Twitter among Japanese", Frontiers in Psychology, accepted, 2021
  7. April Pyone MAUNG MAUNG, Hitoshi KIYA, "Block-wise Image Transformation with Secret Key for Adversarially Robust Defense" IEEE Trans. on Information Forensics and Security, in press, March 2021, Link
  8. Mahdi Khosravy, Kazuaki Nakamura, Yuki Hirose, Naoko Nitta, Noboru Babaguchi, "Model Inversion Attack: Analysis under Gray-box Scenario on Deep Learning based Face Recognition System", KSII Transactions on Internet and Information Systems, Vol.15, No.3, pp.1100-1118, March 2021, Link
  9. 笹原和俊, "フェイクやヘイトを助長するネットの言語", 歴史言語学, Vol.9, pp.119-128, 2021年1月

査読有り会議論文

  1. D. Takeshita, M. Kuribayashi, N. Funabiki, "A study of feature extraction suitable for double JPEG compression analysis based on statistical bias observation of DCT coefficients", APSIPA ASC 2021, December 2021
  2. K. Nakai, M. Kuribayashi, N. Funabiki, "A study of privacy protection of photos taken by wide-angle surveillance camera", APSIPA ASC 2021, December 2021
  3. Y. Yamasaki, M. Kuribayashi, N. Funabiki, H. Nguyen, and I. Echizen, "A Study of Feature Extraction Based on Denoising Auto Encoder for Classification of Adversarial Examples," APSIPA ASC 2021, December 2021
  4. MaungMaung AprilPyone, Hitoshi Kiya, "A Protection Method of Trained CNN Model Using Feature Maps Transformed With Secret Key From Unauthorized Access", APSIPA ASC 2021, December 2021, Preprint
  5. Dilrukshi Gamage, Jiayu Chen, and Kazutoshi Sasahara, "The Emergence of Deepfakes and its Societal Implications: A Systematic Review", Conference for Truth and Trust Online, October 2021
  6. Sosuke Nishikawa, Ikuya Yamada, Yoshimasa Tsuruoka, Isao Echizen, "A Multilingual Bag-of-Entities Model forZero-Shot Cross-Lingual Text Classification", ACL-IJCNLP 2021 Student Research Workshop (non-archival option), 2021, Link
  7. Liangzhi Li, Bowen Wang, Manisha Verma, Yuta Nakashima, Ryo Kawasaki, Hajime Nagahara, “SCOUTER: Slot Attention-based Classifier for Explainable Image Recognition” ICCV 2021, accepted, October 2021, Preprint, code
  8. Trung-Nghia Le, Huy H. Nguyen, Junichi Yamagishi, Isao Echizen, "OpenForensics: Large-Scale Challenging Dataset For Multi-Face Forgery Detection And Segmentation In-The-Wild" ICCV 2021, accepted, October 2021, Preprint, presentation video, dataset
  9. April Pyone MAUNG MAUNG, Hitoshi KIYA, "TRANSFER LEARNING-BASED MODEL PROTECTION WITH SECRET KEY,", IEEE International Conference on Image Processing, accepted, September 2021
  10. Canasai Kruengkrai, Xin Wang, Junichi Yamagishi, "A Multi-Level Attention Model for Evidence-Based Fact Checking", Findings of ACL2021, accepted, August 2021, Preprint, code
  11. M. Kuribayashi, T. Tanaka, S. Suzuki, T. Yasui, Nobuo Funabiki, "White-box watermarking scheme for fully-connected layers in fine-tuning model," 9th ACM Workshop on Information Hiding and Multimedia Security (IH&MMSec'21), accepted, June 2021.
  12. April Pyone MAUNG MAUNG, Hitoshi KIYA, "Piracy-Resistant DNN Watermarking by Block-Wise Image Transformation with Secret Key," ACM Workshop on Information Hiding and Multimedia Security 22th, accepted, June 2021.
  13. Marc Treu, Trung-Nghia Le, Huy H. Nguyen, Junichi Yamagishi, Isao Echizen, "Fashion-Guided Adversarial Attack on Person Segmentation", Computer Vision and Pattern Recognition WORKSHOP ON MEDIA FORENSICS 2021, accepted, June 2021, Preprint, Presentation Video, code/dataset
  14. Harkeerat Kaur, Rohit Kumar, and Isao Echizen, "Reinforcement Learning based Smart Data Agent for Location Privacy", The 35th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2021), accepted, May 2021
  15. Sota Kawakami, Kei Okada, Naoko Nitta, Kazuaki Nakamura, Noboru Babaguchi, "Semi-supervised outdoor image generation conditioned on weather signals", Proc. of 25th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2020), January 2021
  16. A. Higashi, M. Kuribayashi, N. Funabiki, H. Nguyen, I. Echizen, "Detection of adversarial examples based on sensitivities to noise removal filter", Proceedings of 2020 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Anual Sumit and Confonference (APSIPA ASC 2020), December 2020

プレプリント

  1. Jialiang Shi, Piyush Ghasiya, Kazutoshi Sasahara, "Psycho-linguistic differences among competing vaccination communities on social media", Novemver 2021, Preprint
  2. Wentao Xu, Kazutoshi Sasahara, "A network-based approach to QAnon user dynamics during COVID-19 infodemic", October 2021, Preprint
  3. Sosuke Nishikawa, Ikuya Yamada, Yoshimasa Tsuruoka, Isao Echizen, "A Multilingual Bag-of-Entities Model for Zero-Shot Cross-Lingual Text Classification", October 2021, Preprint

書籍・著書・解説記事

  1. 笹原和俊 『フェイクニュースを科学する: 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ (DOJIN文庫) 』化学同人 , 2021年7月
  2. 笹原和俊, 「計算社会科学入門」, 計算社会科学とは何か, 2021年1月
  3. 笹原和俊, 「パンデミック時代の感染症研究 : 病原体の病原性、多様性、生活環から新型コロナウイルスを取り巻く社会の動きまで」, インフォデミック, 2021年1月

招待講演

  1. 越前功, "Real or Fake? インフォデミックを克服するソーシャル情報基盤技術〜地球規模で生じる不確かな情報の氾濫を抑止するには〜", 2021年度 情報・システム研究機構 機構シンポジウム, 2021年12月, Link
  2. 栗林稔, "ディープフェイクを見破れ!," 兵庫県立豊岡高等学校 【STEAM講演会】, 2021年11月
  3. Isao Echizen, "Real or Fake? From Biometric Data Protection to Fake Media Detection", Quarterly Invited Speech at IAPR Computation Forensics Technical Committee (TC6), September 29, 2021, Link
  4. 越前功, "フェイクデータの生成と判別に関する最新の技術動向", IPAコラボレーション・プラットフォーム, 2021年9月
  5. 笹原和俊, "フェイクニュースとディスインフォメーション対策の動向:イスラエルと日本の最新事例から", 東大先端研創発戦略研究オープンラボのウェビナー, 2021年8月
  6. Huy H. Nguyen, "Deepfake Generation and Detection – An Overview", 第27回画像センシングシンポジウム, June 2021, Slides, Presentation Video
  7. 栗林稔, "ディープフェイクを見破れ~サイバー空間における情報戦の最前線~," 新時代の日本を考える兵庫フォーラム, 2021年5月
  8. Isao Echizen, "Real or Fake? The Future of Biometric Data Protection", EURASIP Journal on Image and Video Processing Webinar, May 2021
  9. M. Kuribayashi, "Adversarial Examples of Deep Learning System and Its Defense", IEEE Computational Intelligence Society Chapter and Ahmedabad University, March 2021
  10. Isao Echizen, "Real or Fake? The Future of Media Security and Privacy", Symposium of Yotta Informatics, Research Platform for Yotta-Scale Data Science 2021, March 2021
  11. Isao Echizen, Junichi Yamagishi, Trung-Nghia Le, and Huy H. Nguyen, "Real or Fake? The Future of Media Security and Privacy", The 7th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2021 (ISFAR-SU2021), March 2021
  12. 川上蒼太, 岡田渓, 新田直 子, 中村和晃, 馬場口登, "半教師あり学習による非視覚センサ値を用いた時間軸をもつ画像列生成", 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU), Vol.120, No.409, pp.19-24, 2021年3月
  13. 馬場口登, "REALそれともFAKE", 電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), Vol.120, No.418, pp.40-45, 2021年3月
  14. Kazutoshi Sasahara, "Online echo chamber: What is it and how to break out of it?", Eurasian Summit of models for Society 2021, March 2021
  15. 笹原和俊, "計算社会科学とは", CCSS School on Computational Social Science「計算社会科学入門」, 2021年2月
  16. Isao Echizen, "Real or Fake? The future of biometric data protection", The 2021 2nd Asia Service Sciences and Software Engineering (ASSE) Conference, February 2021
  17. 笹原和俊, "フェイクニュースとSNSの諸問題", 電気通信協会フォーラム, 2020年12月
  18. 笹原和俊, "計算社会科学で探るインフォデミックの予兆", 第11回EAJ中部レクチャー, 2020年12月

口頭発表,ポスター・デモ

  1. 西川 荘介, 山田 育矢, 鶴岡 慶雅, 越前 功, "エンティティの言語間リンクに基づく多言語モデルの構築", 言語処理学会第27回年次大会, 2021年3月
  2. 内田祐生, 新田直子, 中村和晃, 馬場口登, "画像の印象操作のためのオブジェクトの外観変換", 電子情報通信学会2021年総合大会, 2021年3月
  3. 吉村駿佑, 中村和晃, 新田直子, 馬場口登, "構造未知の画像認識器に対するModel Inversion Attackの検討", 電子情報通信学会2021年総合大会, 2021年3月
  4. 大迫勇太郎, 河野和宏, 馬場口登, "敵対的生成ネットワークによる映像改ざん検出法の改良", 電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), 2021年3月
  5. 濱崎直紀, 中村和晃, 新田直子, 馬場口登, "GAN識別器のアンサンブル学習による真正画像とクローン画像の識別", 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU), 2021年3月
  6. 東亮憲, 栗林稔, 舩曵信生, Huy Hong Nguyen, 越前 功, "複数のフィルタ強度によるCNN画像分類器の応答特性を用いた敵対的事例の検出法", 電子情報通信学会 EMM研究会, 2021年3月
  7. Wentao Xu, Kazutoshi Sasahara, "Characterizing the roles of bots during the COVID-19 infodemic on Twitter", 第5回計算社会科学ワークショップ, 2021年2月
  8. 奥田慎平, 笹原和俊, "Twitterデータを用いた新型コロナ禍における転売現象の分析", 第5回計算社会科学ワークショップ, 2021年2月
  9. Junichi Yamagishi and Isao Echizen, "Deepfake Video Detection", CES 2021, January 2021
  10. 濱崎直紀, 中村和晃, 新田直子, 馬場口登, "GANにより訓練した識別器のバギングによる手書き文字画像とコンピュータ生成文字画像の識別", 映像情報メディア学会創立70周 年記念大会, 2020年12月
  11. 水野貴之, 土井翔平, 栗崎周平, 豊田正史, "SNSに広がる米中の分極化とエコーチェンバー", 2020年度第2回明治大学MIMS研究会「Data-driven Mathematical Sciences:経済物理とその周辺」, 2020年12月
  12. 笹原和俊, "計算社会科学で探る新型コロナ・インフォデミック", 東工大リサーチフェスティバル2020, 2020年12月
  13. 笹原和俊, "多様なつながりを促進するSNS", 東工大DLabパートナーズワークショップ2, 2020年12月
  14. Jiayu Chen, Tasuku Igarashi, "Overcoming choice homophily under wealth disparities in dynamic social networks.", 5th Australian Social Network Analysis Conference, Novemver 2020
  15. Jiayu Chen, Tasuku Igarashi, "Universal cooperation beyond the rich-poor boundaries: Process of reducing socioeconomic inequality in dynamic networks.", 日本社会心理学会第61回大会, 2020年11月
  16. Jiayu Chen, Tasuku Igarashi, "Do Well and Have Well: Favorable Behavior Breeds Rich-Poor Cooperation.", 32nd Association for Psychological Science Annual Convention, June 2020

メディア(Press release/ News release)

  1. AIにより生成されたフェイク顔映像を自動判定するプログラム SYNTHETIQ: Synthetic video detectorを開発 ~AI動画の生成、フェイクメディアの検知、メディアの信頼性確保の研究を推進~ , 国立情報学研究所 ニュースリリース, 2021/09/22
  2. AI動画・音声を研究するシンセティックメディア国際研究センターを新設~AI動画の生成、フェイクメディアの検知、メディアの信頼性確保の研究を推進~ , 国立情報学研究所 ニュースリリース, 2021/07/01

メディア(インターネット記事)

  1. 笹原和俊, 2021年11月11日掲載, NewsPicks web版, 【要約版】SNSと分断を知る、世界の「研究4選」
  2. 越前功, 2021年11月9日掲載, NHK NEWS WEB, まるでホンモノ?活躍する その“ヒト”の正体
  3. 越前功, 2021年10月18日掲載, NHK NEWS WEB, AIでモザイク除去 アダルトビデオ画像をネット掲載疑い逮捕
  4. 越前功, 山岸順一, 2021年9月30日掲載, MONOist, AIを悪用したディープフェイク映像を見分ける、自動判定プログラムを開発
  5. 越前功, 山岸順一, 2021年9月23日掲載, マイナビニュース, AIにより生成されたフェイク顔映像の自動判定するプログラムをNIIが開発
  6. 越前功, 山岸順一, 2021年9月22日掲載, Itmedia, 「ディープフェイク」を見破るプログラム、NIIが開発 圧縮された映像でも一定の信頼性
  7. 笹原和俊, 2021年9月3日掲載, 毎日新聞 電子版, 「もてあそばれている」反コロナワクチン “陰謀論”信じる理由
  8. 山岸順一, 2021年5月10日掲載, Forbes, Analyzing The Rise Of Deepfake Voice Technology
  9. 笹原和俊, 2021年7月18日掲載, 日本経済新聞 フェイクの姿が見えた SNS蝕む誤情報のすみか ~オピニオンの科学②
  10. 笹原和俊, 2021年7月11日掲載, 日本経済新聞, フェイクニュースに迫る経済学 被害抑制策も追及
  11. 越前功, 2021年7月6日掲載, 日本経済新聞, 「AI俳優」もろ刃の人気 動画制作費9割減、倫理に課題も
  12. 水野貴之, 2021年6月22日掲載, 日本経済新聞, 「自粛率」世代差小さく 水野貴之・国立情報学研准教授 コロナと闘う経済学 若手研究者に聞く(2)
  13. 山岸順一, 2021年5月28日掲載, 読売新聞オンライン, AI悪用 精巧フェイク…「画像は本物」拡散続く[奔流デジタル]#侵食される権利<2>
  14. 越前功, 2021年4月28日, 読売新聞オンライン,
    加藤官房長官、フェイクの笑み…AIで悪意の改変[虚実のはざま]第2部 作られる「真相」<4>
  15. 越前功, 2020年12月27日掲載, NIKKEI STYLE,
    AI駆使し本物そっくり 「ディープフェイク」の脅威
  16. Kazutoshi Sasahara, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Model captures how polarization emerges on social media during political campaigns, December 20, 2020

メディア(放送)

  1. 越前功, 2021年10月18日, NHKニュースほっと関西, AIでモザイク除去 ネットに掲載の疑い
  2. 越前功, 2021年10月18日, NHKニュース630 京いちにち, 「モザイク除去」画像をネットに,サイトの元運営者が逮捕

メディア(新聞記事)

  1. 笹原和俊, 2021年7月18日掲載, 日本経済新聞 朝刊サイエンス面, 「フェイクの姿が見えた SNS蝕む誤情報のすみか ~オピニオンの科学②」
  2. 越前功, 山岸純一, 2021年7月16日掲載, 科学新聞 2面, 「NIIが「シンセティックメディア国際研究センター」新設」
  3. 越前功, 2021年7月6日掲載, 日本経済新聞 朝刊14面, 「「AI俳優」もろ刃の人気――ディープフェイク防止へ、企業のリスク対策急務。」
  4. 越前功, 2021年6月12日掲載, 読売新聞 夕刊9面, 「SNS個人割り出し報酬 「特定屋」ネットで暗躍 ストーカーが悪用被害も」
  5. 笹原和俊, 2021年5月28日掲載, 読売新聞 朝刊1面, 「ワクチンで不妊 誤信した看護師[奔流デジタル]#侵食される権利<2>」
  6. 山岸順一, 2021年5月28日掲載, 読売新聞 朝刊31面, 「AI悪用 精巧フェイク 「画像は本物」拡散続く」
  7. 山岸順一, 2021年5月28日掲載, 読売新聞(大阪) 朝刊31面, 「AI悪用 精巧フェイク 「画像は本物」拡散続く」
  8. 越前功, 2021年4月11日掲載, 読売新聞 朝刊34面, 「虚実のはざま=第2部 作られる「真相」(4) フェイク画像 誤解を誘発 AIで改変 判別難しく」
  9. 越前功, 2021年4月10日掲載, 読売新聞(大阪) 朝刊27面, 「虚実のはざま=第2部 作られる「真相」(4) フェイク画像 巧妙に 表情 AIで悪意の改変」
  10. 越前功, 2021年3月10日掲載, 京都新聞, 「ディープフェイク技術 情報真偽、慎重な見極めを」
  11. 笹原和俊, 2021年2月22日掲載, 日本経済新聞(朝刊17面), 「民主主義脅かすフェイク情報 「心の癖」にワナ/扇動で独裁者生む」
  12. 越前功, 2021年2月2日掲載, 日経産業新聞, 「国立情報学研究所教授越前功――盗撮防ぎフェイク見破る、サイバーとリアル、まだ見ぬ脅威に備え(挑むFrontRunner)」
  13. 越前功, 2021年1月31日掲載, 毎日新聞, 「ファクトチェック 大江健三郎氏の「電気はいらない!」プラカード画像は虚偽 著作権侵害の可能性」
  14. 笹原和俊, 2021年1月24日掲載, 読売新聞(朝刊27面), 「怪情報 即座に「輸入」」
  15. 越前功, 2020年12月28日掲載, 日本経済新聞, 「「ディープフェイク」技術進歩―被害防止、国も研究始動(デンシバSpotlight)」

メディア(その他)

特許

受賞

  1. 大迫勇太郎, 2020年度第6回EMM研究会優秀学生発表賞, 電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM), 2021年3月
  2. 東亮憲, 2020年度第6回EMM研究会優秀学生発表賞, 電子情報通信学会 EMM研究会, 2021年3月

その他

  1. K. Miyazaki, T. Uchiba, K. Tanaka, and K. Sasahara, "The Strategy Behind Anti-Vaxxers’ Reply Behavior on Social Media", submitted, preprint
  2. 東亮憲, 栗林稔, 舩曵信生, Huy Hong Nguyen, 越前功, "複数のフィルタ強度によるCNN画像分類器の応答特性を用いた敵対的事例の検出法", 信学技報, 2021年3月
  3. Yu Zhang, "Effects of User Curiosity on Recommender System: A Computational Social Science Study", 名古屋大学大学院 情報学研究科修士論文, 2021年1月
  4. 奥田慎平, "計算社会科学のアプローチによる言語と社会の共進化に関する研究", 名古屋大学大学院 情報学研究科修士論文, 2021年1月
  5. 鳥海不二夫, 笹原和俊, 奥田慎平, 福原奈央, "計算社会科学による新型コロナウイルス関連相談分析の試み", 国民生活研究, Vol.60, No.2, pp.16-55