22. AWA長期間収録音声コーパス (AWA-LTR)

提供機関, プロジェクト

千葉大学 黒岩眞吾 教授(前・徳島大学)

大同大学 柘植 覚 准教授(前・徳島大学)

コーパスの内容

同一話者の音声を定期的にかつ長期間に渡り収録したコーパス.

6名の話者が,2~10年に渡り,週に1日,朝・昼・夕の3回,1回10分程度の同一のリストを読み上げたもの.

(※今回は第1期配布として,そのうち男性話者1名の1年間分のデータを公開)

読み上げリストは,音素バランス文Aセット,4桁数字,単語,日本語5母音等で構成されており,一部は収録の最初と最後の2度発声されている.

話者数, 発声回数

男性1名, 52日分(156回分)

収録環境

簡易防音室

音声ファイルフォーマット

WAV形式(16kHz・16bit・Mono)

配布媒体

DVD 1枚

利用範囲

研究目的に限る

配布価格

無償

付随情報

録音状況として,血圧や脈拍,体調(喉や鼻の調子),室温などのデータもあり

補足

コーパス名の"AWA"は,収録を行った徳島県と千葉県に縁のある「阿波国」と「安房国」にちなみ命名されたものです

サンプル音声

「あいおいのおいは藍よりあおい色を追う」

「あいうえお」

コーパスリストへ