17. 特定領域研究「韻律と音声処理」日本語MULTEXT韻律コーパス (MULTEXT-J)

提供機関, プロジェクト

平成12−16年度 文部科学省 科研費 特定領域研究「韻律に着目した音声言語情報処理の高度化」

領域代表者 : 広瀬啓吉(東京大学),コーパス班代表 : 北澤茂良(静岡大学)

コーパスの内容

ヨーロッパで作成されたMultilingual Text Tools and Corpora(MULTEXT)の日本語版.

話者数, 発声回数

6名(男女各3名), 2つの発声スタイルで各1回発声

収録環境

無響室

音声ファイルフォーマット

WAV形式(16kHz・16bit・Mono)

配布媒体

DVD 1枚

利用範囲

研究目的に限る

配布価格

無償

付随情報

詳細情報

http://minny.cs.inf.shizuoka.ac.jp/~multext/index-j.html

サンプル音声

MULTEXTヨーロッパ言語版より翻訳した読み上げテキスト

「今ロンドンに着いたところですが、私の荷物はローマに行ってしまいました。私は糖尿病なので、明日にはどうしてもその荷物が必要です。早速に、荷物の所在を調べてもらえるよう、責任者の方に頼んで下さい。その間、当座の薬が必要です。どこか病院に連絡を取ってもらえませんか。」

コーパスリストへ