23. 南琉球新城方言音声データベース (Aragusuku)

提供機関, プロジェクト

國學院大學 研究開発推進機構 日本文化研究所

  國學院大學 久野マリ子 教授

  高知大学 久野 眞 教授

  岩手大学 大野眞男 教授

  福岡教育大学 杉村孝夫 教授

コーパスの内容

八重山諸島新城(あらぐすく)島の下地方言について,音韻や文法に着目した単語や短文の発声と,豊年祈年祭のひとつである節祭りで歌われる“ジラパ”の歌唱をCDに収めたもの.

新城島は下地(しもじ)と上地(かみじ)の二つの島からなる.現在下地島は無人島となり,島言葉が消えかけているが,下地方言は八重山方言の中で比較的古い姿を保ち,宮古方言とのつながりを示す貴重な方言である.

収録年

1990年,1991年

話者数, 発声回数

単語は1項目3回,活用・文例は1項目1回,歌唱は1曲1回,同一の男性話者1名

歌唱のうち1曲は別の男性話者2名による合唱もあり

収録環境

ホテルの部屋(DAT収録)

音声ファイルフォーマット

データCD:WAV形式(44.1kHz・16bit・Stereo)

配布媒体

オーディオCD 1枚 + データCD 1枚

※当初刊行物のオーディオCD版に加え,項目ごとに音声を切り出したデータCD版を配布

利用範囲

研究目的に限る

配布価格

無償

サンプル音声

単語

動詞の活用

助詞の文例

歌唱

コーパスリストへ